プレママ・ママ編集部便り
3
クリップ
皆さん、「エシカル消費」という言葉を耳にしたことはありますか?世界では以前から注目されていましたが、ここ数年で日本でも広まっています。

メディアなどで取り上げられるようになり、今後話題にのぼる機会が増えそうな「エシカル消費」とは、一体どういうものなのか。日常生活への取り入れ方も含めてご紹介します!

「エシカル消費」とは?


「エシカル(ethical)」とは、「倫理的な」「道徳上の」という意味の英語。法的な縛りはないけど、多くの人が正しいと思っていること、本来人間が持つ良心から発生した「社会的規範」です。

そこから派生した「エシカル消費(倫理的消費)」は、人や社会、環境に配慮した製品やサービスを選んで消費すること。「安心・安全」「品質」「価格」に次いで、商品選択の「第4の尺度」とも言われています。

消費活動が社会貢献になる




今、世界の緊急課題としてあげられているのが

・貧困
・人権
・気候変動

これらを解決していくために、「エシカル消費」が有効だとされています。

例えば、普段食べたり飲んだりしている製品を「どこで」「誰が」「どのように」作っているかまで知っている人は少ないと思います。

もしかしたら生産背景に、長時間労働や児童の強制労働、環境破壊といった深刻な問題が潜んでいるかもしれず、消費者である私たちは「買う」という行為によって、知らぬ間にそれらに加担している恐れがあるのです…。

そういった問題がない製品を買うことで、世界が抱えている問題を解決に導く一端を担うことができます。つまり、「エシカル消費」は誰にでもできる社会貢献なのです!

私たちが今できることは?


「エシカル消費」を具体的な行動で見てみましょう。

・買い物の際にマイバッグを持参する
・オーガニック食材やフェアトレードの商品を選ぶ
・エコ商品やリサイクル製品を購入する
・地元で採れた野菜や果物を購入する
・被災地の産品を購入する
・寄付つきの商品を選ぶ
・必要な時に必要な分だけ購入する

買い物以外でも、
・食事の際に食べ残しを出さない
・マイボトルを持参する
・節電や省エネを心がける

どうでしょうか?
意外と身近なところから始められそうですよね。



いきなりがらっと生活を変える必要はありません。小さなことからでもOK!「エシカル消費」を心がけることで、社会に貢献してみてはいかがでしょうか?
3件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • こんにちは、ママひろばサポーターのゆっきももです。
    お恥ずかしながら「エシカル消費」何の事かも知りませんでした。
    普段の生活で無理なく少しづつ取り入れて続けていくことが大切だなと思います。極端な話ですが、エコマークが付いているものをあえて探したり、産地や成分を熟読したりしてはじめに頑張り過ぎると私の場合は続かなくなってしまうので…。
    自然にエシカル消費できるものを選んでいけるようになりたいです^^
  • こんにちは、ママひろばサポーターのまめりんごです。
    最近はいろいろな認証マークがついた商品も見かけるようになってきましたね。とは言ってもまだなかなか馴染みがなく、私も「マークの意味をお勉強しないといけないな」と思っている程度なのですが…。社会全体で、一人一人が心がけることが大切だなぁと改めて思いました^^
  • 小さなことからでもエシカル消費をこころがけていこうと思いました。
シェアする
1件の「いいね!」がありました。
1件の「いいね!」がありました。
投稿の通報
「ママひろば」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる